さまざまな用途で原料となるユーグレナ - ユーグレナ商品比較Navi

ユーグレナ商品比較Navi

さまざまな用途で原料となるユーグレナ

みなさんは「ユーグレナ」という生物をご存知でしょうか?
最近よくメディアで取り上げられる生物ですが、あまり馴染みのない言葉に聞こえる人もまだまだ多いでしょう。
今回はこのユーグレナという生物について解説します。

ユーグレナという生物には別の呼称があります。
「ミドリムシ」です。
日本人であればほとんどの人が聞き馴染みのある生物名ですよね。
小学校の理科の観察実験で、顕微鏡でのぞきこんで観察したあのミドリムシです。
正確にはユーグレナ植物門ユーグレナ藻網ユーグレナ目に属するミドリムシという生物なのですが、ミドリムシそのものをユーグレナと呼ぶことも多いので、便宜的に混同してしまっても問題はないでしょう。
なぜこのユーグレナが注目されているのか、その理由は、ユーグレナが他の生物と比較してじつに多彩な可能性を秘めた生物だからです。

ユーグレナの大きな可能性としてまず挙げられるのは、バイオ燃料の原料としての可能性でしょう。
ユーグレナは次世代燃料の原料として実用化されることが期待されており、日本の大企業もそれに向けて着々と準備を進めています。
日本のみならず、世界中の燃料事情を一変させてしまう可能性があるのです。

もう一つの大きな可能性として挙げられるのは、栄養食としての利用についてでしょう。
こちらは既にいわゆる健康食品として販売されています。
そもそも世界で初めてユーグレナの大量培養に成功した研究者である某ベンチャー企業社長は、貧困国の栄養不足問題を改善することを目的としていました。
ユーグレナは人間に必要な必須栄養素を全て含有している生物で、これは他の食材と比較しても特異なことと言えます。
栄養不足問題の解決手段としての有効性が非常に高いのです。

top